ちんこ動画

無修正のまんこよりは、無修正のちんこの方が僕にとっては貴重かな?ああ、ちんこ動画の話ね。
まんこ動画は割といっぱいあるんだよ。そりゃ需要も多いし、今はライブチャットの流出が多い。でも、ちんこ動画は少ない。外人のものは結構あるけど、和製はそんなに見かけることがない。それだけ、日本の性が解放されていないと言うことなのだろうな。実際にまんこほどの需要もないのは確かだし。それでも、最近はちょくちょくとちんこ動画を見かけるようになってきた。スマホで簡単に動画を撮れるからね。学生が全裸でちんこをぶらぶらさせながらダンスする動画なんてのは結構ある。若気の至りだね。だけど、僕から言わせるとちょっと違うんだよ。
確かに、ちんこ出せば受けると言うのはある。ある三流お笑いタレントのライブで、全然客にネタが受けなくて、焦ったタレントが最終的にはパンツを脱いでちんこで笑いを取ろうとした場面を目撃したこともある。ちんこは笑いなのだ。だが、僕みたいなちんこで興奮するような人間にとっては嘆かわしいことだ。やっぱり僕はカメラの前でちんこ出してガチオナしているような動画をもっとください、なのだ。
Twitterのノンケ
そんな気持ちでSNSのそれ界隈を探っていると、定期的にガチオナ動画を上げている男の子がいた。まだ高校生らしい。色白の透き通るような肌でちょっと北欧系が入っている姿は僕の好みだった。そんな男の子の勃起したちんこは黒ずんでいて筋肉質っぽくて、そのギャップにさらに萌えた。フォロワーを見ると結構な人数だったので、僕と同類が多いことにちょっと安心したりもした。
そんな彼とDMで言葉を交わす機会もあり、野暮とは思いつつ「どうしてちんこ動画をアップするの?」と聞いてみた。すると彼の答えは「ちんこ出せば受けるかなーと思って」だった。学校では日陰者らしい彼も、ネット上でちんこを出せば僕のような熱心なフォロワーがつく。日増しに増えていくフォロワーに、彼も初めて快感を味わっていて今となっては半ば義務的にちんこ動画をアップしているとのことだった。
ただし、それは転落かも知れない。ちんこを出せばもう後には何もないのだ。まだ若いのにちんこ露出までたどり着いた彼に対して、僕はちょっと気の毒に思いながらも、存分にオナニーに使わせてもらった。
無修正のノンケ
ノンケのフェラ友

35歳既婚男性会社員のタダマン体験談

もう風俗にハマって5年は経つでしょうか。
女遊びを覚えたのが人より遅かったばくは、結婚後風俗にハマってしまいました。
妻には内緒で遊んでいるのでいいのですが、お金のことはどうにもなりません。
風俗で1度遊ぶのに必要な金額は最低でも1万5千円ほど。
週に一回遊ぶにしても、月に換算すると家計に大きく響きます。

これまではなんとかお小遣いの範疇でやりくりしてきたのですが、消費税アップなどで自由に使えるお金は年々少なくなってきます。
どうにかしてタダマンできる機会はないかと探しているんですが、合コンするにも費用は男が持たないといけないし、出会ってデートして、いざエッチまでかかる経費は風俗とそんなに変わりありません。
できれば体目当てOKの、エロい女の子と知り合えないかとワクワクメールに登録したのが半年前です。

セフレや愛人が欲しいエロい女の子がたくさんいるので、自宅から近いタダマンを探すのも楽に検索できるのがいいですね。
ぼくの理想の女の子は、容姿がいいとかよりも「割り切ったつき合い」ができるかどうかです。
ぼくは既婚者なので愛人にするつもりはありませんし、できればその日限りのタダマンがよかったんです。
そしてできれば、おっぱいの大きい子。
探すと結構いるものですね、登録して次の日にはお目当てのタダマンが見つかりました。

その子は少し家から遠かったので、出張のときにお互い現地集合として会うことにしたんです。
最初から体の関係と分かっているので、面倒なデートやお茶の時間もいりません。
出会ってすぐ、ホテルに入ってお互いをむさぼり合うようなセックスをしました。
おっぱいもGはあるハリのある美乳で、風呂場でローションプレイで楽しみましたよ。
もちろんホテル代は折半、まったく余計な金額はかかりません。
セックス後は今までのことはなかったかのように分かれ、その後ぼくは帰宅しました。
自分でもこんなにうまいことタダマンに与れるなんて思ってもいなかったので、驚きです。

22歳独身男性美容師のタダマン先輩の話

僕が童貞を捨てたのは20歳のとき、先輩に連れていってもらった風俗で。
それ以後も彼女が出来てもエッチまで辿り着くことはなく、タダマンなんて夢の夢。
いつしかエッチをするにはお金がかかるものという認識すら持つようになってきたのです。
そんな僕の間違った常識をただしてくれたのが職場の先輩、その名も「タダマン先輩」です。
「但野」という名字だからという説もありますが、タダマンばかりしているというのが最も有力な説です。
そんなタダマン先輩が僕の全てをコーディネートした上で合コンと言う名のヤリコンに誘ってくれました。
先輩は、僕の髪型から服装から心構えから全てにおいて熱い指導をいただきました。
おかげで僕のハートはタダマンに向けてメラメラと燃えています。
タダマン先輩も僕のようなダメな奴をかっこ良い男に変えていくのが楽しくて仕方ないのだとか。
いざ合コン当日。
タダマン先輩がコーディネートした女の子はさすが遊び慣れていそうなギャルばかり。
今まで遠くから見ているしかなかった人種に対して「怖そう」と一瞬ひるんでしまいました。
そんな僕に対してタダマン先輩は一生懸命フォローを続けてくれました。
そんな先輩のフォローがあってか(ほとんど先輩のフォローのおかげ)で女の子を1人持ち帰りできました。
そして夢にまで見たタダマンを体験することができました。
タダマン先輩には感謝してもしきれません。
今後は独力でタダマンができるように精進していきます。